長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

「文化・行事」の記事一覧

【5月テーマ:五感で感じたこと】奥裾花で聞きなし

LINEで送る

2016年5月 4日 | 活動内容:文化・行事 |

こんにちは!鬼無里担当No.3のきのっぴーこと木下恵美子です。 

すっかり暖かく春たけなわとなりました。

鬼無里でも畑や田んぼの準備が進んでいて、

耕耘機や刈り払い機の音を朝早くからよく耳にします。

ここ1週間は雨が降って、畑の土がなかなか乾かない。

雨が降るたびぐんぐん伸びる雑草との戦いが始まっています。

(もう、なんだか既に負けています。)

奥裾花自然園にも春がやってきていました。

 ※5月4日に発生した落石のため、5月5日現在、

  奥裾花自然園アクセス道路が全面通行止めとなりました。

  [関連記事はこちら]

kino2805_2640.jpg

冬のお楽しみ

LINEで送る

2016年2月 8日 | 活動内容:移住・交流 |

大岡地区の鈴木です。

この冬は暖かくなったり寒くなったりを繰り返していますが、寒い時の冷え込みは、それはもう強烈です。

寒さ対策というお題ですが、長野が寒いのは当たり前、ってことで、「冬を好きになる」「冬しかできないことを楽しむ」に尽きるのでは!

朝起きてカーテンを開けたら銀世界、って子供みたいにわくわくするものですが、大岡ではそれが毎日。
冬のにおい、乾いた空気、白一色の世界、凍てつく朝の空気、雪や氷が作るアーティスティックな造形、そんな美しい季節が大好きです。

DSC_0265.jpgKAM
そして移住のきっかけにもなった趣味の登山は、冬が本番。

紅葉が終わる頃には、早く冷え込んで雪が降らないかな~、っと、冬を心待ちにしてるのです。

大岡 農の暦 #season2

LINEで送る

2015年12月 8日 | 活動内容:文化・行事 |

大岡地区の稲作担当、鈴木です。

大岡に来て季節が一巡し、二度目の季節を巡っているところ。

種をまくタイミングや、その時にしか採れない山のもの、先の季節のための準備など、すべてが初めてだった去年は、知った時にはすでに遅し、という事も多々。

今年は地元の方々にこまめに聞いて、何とか大岡の暦どおりにやっています。

 

しめなわ1.jpg

しめなわ2.jpg

先日、毎年12月の最初の日曜にある、注連縄(しめなわ)作り講座が行われました。

その年の米作りを終え、もみを取り終わったわらでしめなわを作り、新年を迎える準備をする恒例行事です。

[昨年の注連縄作りの様子]

http://nagano-citypromotion.com/local_pr/2014/12/post-45.php

 

農村の暮らしは、季節に沿った、規則正しい時間が流れています。

人間の予定や都合ではなく、気候やその時採れる作物や野山の恵み、それに沿った自然と神様に感謝する行事、神事の数々。

鬼無里の鍋物・・・・ってなんだっけ。

LINEで送る

2015年11月17日 | 活動内容:活動内容 |

こんにちは。鬼無里地区担当の西田 靖です。

紅葉の見ごろを過ぎて、ずいぶん寒くなりました。風邪など滅多に

ひかないのですが、今年はやられました・・・。

さて、寒くなると恋しくなるのが鍋物ですが、はて・・・・鬼無里の鍋物って

あったっけ???

きのこ汁は鍋物だよな。鬼無里に一軒だけあるローカルレストランに

あるなぁ・・・・食べてないから写真がない。

まぁ、きのこが入っていればいいということで、奥裾花自然園にあるお店の

天然もののキノコそば。鍋で煮るから鍋物の一種?ということで。

IMG_gkbcf@.JPG

先生、湯豆腐は鍋にはいりますか!?

LINEで送る

2015年11月 5日 | 活動内容:販売企画 |

大岡地区担当の飯島です。

ただ今、「あ、そろそろ協力隊ブログ俺の番じゃん」とPCの前に座りました。なんだろう、ブログのお題を知るのがだんだん怖くなってきたよ。おそるおそる今月のテーマを確認すると・・・『美味しいお鍋の季節』

―あの~先生、湯豆腐って鍋にはいりますか?

前の5件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15
ページトップ