長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

ピンクの電話【若穂大野】

LINEで送る

2018年11月30日 | 活動内容: |

こんにちは、若穂のオオノです。
ここでもリンゴの収穫が大詰めを迎えていまして、
とてもおいしいふじが食べられます。
酷暑、台風、あらゆる苦難を乗り越えて農家さんが育てた赤、
収穫の風景を見ると何だかほっとしますね。
DSC00404[1].JPG
【夫婦そろってお仕事、うらやましいです】

ある日、夫人が私に言いました。
わたし、ケータイ変えるから。
はっきり言って夫人にスマホは必要ありません、
そもそも持って出かけないことが多いので
家の電話回線を復活させさせたほうが良いです。
理由をあれこれ付け加えるのですがイチバンの理由はあれです、
どこで聞いてきたかは知らないが スシホーダイ という券が
5,000名に当たるキャンペーン中だとか。
夫人だけならまだしも、私にもケータイを変えろと詰め寄る。
2年使えば安くなるとか、壊れてから買い替えると高くつくとか、
セールストークを並べるのですがイチバンの理由はあれです、
当選確率が単純に2倍になるということだけです。
私にこそスマホは必要ないのに、こうなるともう止められません。
驕る平家、モンゴル帝国、メディチ家、戦後の日本経済、
Howeverが売れまくったGLAY、怪物ロナウド(クリスティアーノではない)、
それらに勝る勢いで事が進んでいき、私は瞬く間にスマホ持ちになりました。
DSC00456[1].JPG
【これにはまだ毎朝起こしていただいております】

何よりスゴイのは、すでにその券が当たっているかのようになっていて
仕事帰りは寿司屋に行っても良いと許可をいただいております、
支所からの帰り道には農産物直売所しかないのに。
そしてガラケー仲間だった向かいの席のDさん、ごめんなさい。

ページトップ