長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

畑から食卓へ ~Farm to Table~(戸隠・水谷)

LINEで送る

2018年9月24日 | 活動内容:農作業 |

180924-1.jpg
左:黒ごまプリン、中央:ホットコーヒー、右:花豆ベジタコライス
★農cafeメニューの満足セット(食材は地のものをメインで使用)

食欲の秋がやってまいりました!
暑さが和らぎ、過ごしやすい戸隠高原の今日この頃。

終盤の夏野菜、芋、栗、南瓜、エディブルフラワー、バラエティーに富む舌が踊るこの季節、何を食べても本当に美味しいです。秋の新そば登場は10月下旬より、今から待ち遠しいですね。

さて、先月のブログで発表させて頂きましたが、戸隠にて9/4に農cafe・農家民泊「ここのえ」をOPENいたしました。

今回は私たちが大切にしている農と食の指針を書かせていただきます。

畑から食卓へ ~Farm to Table~

土の健康は作物の健康
     作物の健康は食べる人間の健康
          人間の健康は地域の健康に繋がり
                地域の健康からさらなるワクワクと可能性へ

始まったばかりの小さな事業、でも、そこには広がりある未来を描いていきたい、そんな気持ちで毎日取り組ませていただいています。


CIMG4059b.jpg
9月下旬、戸隠連峰を背に稲刈りが始まっています

標高約950m、昼夜の寒暖差の大きい戸隠高原で採れた野菜は一味違います。

味わい深く、野菜の旨味をしっかり感じられます。これは実際に体感すると感動的です。舌を通じて覚えた記憶は、確かな食生活の判断基準にもなり得ます。

180924-2.jpg

180924-3.jpg

180924-5.jpg

その土地で採れた旬の滋味あふれた野菜に囲まれた食生活は、感動&感激の連続。何より心身が健壮になっていきます。

体と心がエネルギッシュに満ちていると、出来ることの幅が広がります。

疲労回復のスピードが早まり、気力が恒常的に満ちています。くよくよモードにほとんどなりません。

明日は明日の風が吹く~と楽観的に決断し、後悔することが少なく、楽しい気持ちで笑顔の人が周りに自然と増えます。

頭の疲れの回復も早く、知的好奇心が高まり、博学の方や尊敬できる友人が増えます。

食の凡事徹底。

食が人に与える影響は極めて大きい。それは物理面(体)も精神面(心)も。日々の食生活への工夫と配慮は、可能性をどんどん拓いてくれる。

食が変わっていくことで、楽しくワクワク感が高まる日が増えていく。

自身の実体験からそう感じてなりません。

その感触を多くの方々にお伝えし、持っていただきたい。その想いを元に、近代の食文化と食養法(医食同源)に大きな影響を与えた石塚左玄(明治時代の医師・薬剤師・軍医)にならい、私たちは以下の指針をもうけました。


身土不二
土地と人間は切り離せない関係という意味の言葉。
近隣の地域や自家菜園で採れたての「地の物」、「旬」の素材を使います。

一物全体
素材は、皮・葉・根を捨てずに丸ごと全部使い、味わうことで
本来のおいしさや生命力を感じていただけるのではないかと思っています。
私たちの畑では、化学農薬・化学肥料に頼らない
野菜作りを行っています。

プラントベース・自然なもの
野菜・植物性素材を中心とした食事、化学調味料不使用で
お腹にもたれない、食べて心地よい、体に優しいお食事作りを
目指しています。

発酵食・伝統食・郷土食
甘酒・漬物・味噌など、日本人が昔から食べ繋いできた素晴らしい食。
「懐かしいけれど、どこか新しい」と感じる手作りのものを
お出しできるよう、目指しています。


日々、学び、感じ、良いものを生み出せるよう努めています。戸隠にお越しの際は、宜しければお立ち寄りくださいませ。

footer_logo.jpg

北信州戸隠 ここのえ WEBサイトはこちらから

ここのえ 公式ブログはこちらから

 180924-8.jpg

180924-9.jpg

180924-4.jpg

180924-6.jpg

180924-7.jpg

ページトップ