長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

1月のブランコ

LINEで送る

2018年1月 8日 | 活動内容: |

そんなに昔の話でもないけれど、
何年か前のきっと今日、人並みにトガったふりをしていたぼくは、
成人式には行きませんでした。

芋井のりんご担当 古川です。

IMGP0023.JPG
【あのアニメの舞台の隣町で育ちました】

その日、巨大ターミナルの地下でバイトしていたハタチのぼくに
年上のフリーターが投げてくれた言葉を覚えています。

「時は加速する」

IMGP0029.JPG
【冬は数日留守にすると、家に入れなくなってることがある】


クリスマス前に仕事を片付けて、年の瀬正月気分の中、
勇者ヨシヒコとウシジマくんシリーズを一気に見たり、
人ん家のコタツでずっとコボちゃん読んでたり、
実家でぼんやりしたりしていたら、2週間が過ぎていました。
「時は加速」していたのでしょうか。

年末に一度オフったスイッチを、
仕事始めでオンにしたはずが、
ここでまた3連休。
そして、ここから年度末まで、たいしたイベントもない
宙ぶらりんな期間に、気だるさを感じるのは毎年のことです。

そしてこの1月のブランコにぶらぶら揺られてるうちに、
何にもしないで冬が終わってしまう。そんなぼくに喝を。

冬来りなば、春遠からじ。

冬の仕事は、明日からでいいかなと後回しにしてしまいがちなのだけれど、
今年はサラリーがなくなる定めの年。
きっとここから「加速する時」に置いてけぼりを食らわぬよう、
1月のブランコで加速をつけて、新しい年を進んでいくことにします。

芋井のりんご担当 古川でした。

ページトップ