長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

小田切の最高峰(小田切地区 涌田)

LINEで送る

2017年11月10日 | 活動内容:活動内容 |

こんにちは、涌田です。

 

z1.jpg

 

季節は秋なのですが大阪出身の私にとっては、もう冬の気候です。

 

 

z2.jpg

 

今日はこの山、小田切の最高峰、旗古山(1166.9m)に登ります。

登山口は七二会の坪根峠駐車場です。ここは長野市公認の陣馬平トレッキングコースのスタート地点でもあります。

 

 

z3.jpg

 

こんな感じ

 

登山スタート、頑張るぞ!!

 

登山道?の横はかなり急な崖になっていて、油断すると滑落してしいます。緊張を保ちながら山頂へ・・・

 

z5.jpg

 

20分程で登頂しましたが・・・、木々が生い茂って見晴し最悪!せっかく登ったのに何の感動もありません。

 

気をとりなおして、小田切で二番目に高い"富士ノ塔山"に登ることにしました。登山口は小田切青少年錬成センター。

 

z13.jpg

 

z12.jpg

 

片道約2km、40分程で山頂へ。

 

z6.jpg

 

z7.jpg

 

こちらは見晴しが良く、南北両方に展望デッキがあって景色が楽しめます。標高998m、で、2mの塔を足して1000mにしています。

 

z8.jpg

 

南側の景色です。根子岳や浅間山、蓼科山も見えます。

 

z9.jpg

 

今日は浅間山の噴煙もはっきり見えます。

 

z10.jpg

 

北側の景色です。こちらは戸隠連峰や高妻山、飯綱山が望めます。

 

z11.jpg

 

紅葉もきれいです。

 

登山道も整備されていて、小学生や初心者の方にもおすすめです。小田切の山は最高峰よりも2番目のほうがオススメです。どんどん富士の塔山に遊びに来てください。

 

そして、いつもの私の車両紹介です。

 

z16.jpg

 

z14.jpg

 

z15.jpg

 

今回は 「DE15型ラッセル式除雪機関車」です。昭和42年~56年にかけて58両が製造されました。この機関車は、前後にラッセルヘッドを連結した3両一組が基本となっていて、終点の駅で方向転換する必要がありません。形態は大きくわけると、単線式と複線式の2種類あり、先頭部の形状は全く異なっています。冬の降雪シーズン以外は前後のラッセルヘッドを外して、駅構内の入れ替えや、客貨列車の牽引に使用されました。現在で廃車が進みましたが、JR北海道やJR西日本、北陸新幹線の金沢延伸で民営化された、あいの風とやま鉄道に譲渡され、最後の活躍をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ