長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

飛ぶ鳥おとす(芋井地区 古川)

LINEで送る

2017年9月 5日 | 活動内容: |

うちの地区では、竹林整備の一環で、パンダを飼育しています。

IMGP0004.JPG


芋井のりんご担当 古川です。

うそです。これは上野のパンダ。

IMGP0019.JPG


りんごがりんごらしくなっているこの季節、
農家を悩ませる存在と言えば、鳥。ウィーヘイトバード。

りんごは熟してくると「エチレン」という物質を発するそうで、
なんと鳥は、その「エチレン」を感じとる能力があるのだとか。
それゆえ「鳥のつついたりんごはうまい」なんて言われたりします。

鳥よけは爆音機が一般的ですが、わたしは、あのドーン!がきらい。
鳥の嫌う超音波が出る装置を置いている人もいますが、
わたしはその音が聞こえてしまってきらい。
「聞こえる」というとポカンとされて、
あれは若い人にだけ聞こえる音域なのでしょうか。




IMGP0022.JPG

そんなわたしの鳥対策は、キラキラテープ。
狩猟免許をとったけれど勇気がなくてワナをかけられないわたしでもつけられる。

効果のほどはまだわかりませんが、パーティ感は出ます。

夏のひと休みを終えて、あとひと月ふた月すれば収穫。
鶏肉たべて、食べちゃうぞオーラをまとって、畑に出たいと思います。

以上、芋井のりんご担当 古川でした。

ページトップ