長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

小さなお客さんが来ましたよ

LINEで送る

2015年6月19日 | 活動内容:その他 |

こんにちは!鬼無里担当No.3のきのっぴーです。

 

昨日、私の家に小さなお客さんが4人やってきました。

長野市内の小学校の農業体験です。2年生だそうです。

小雨がパラパラ降っていた中でも、元気いっぱい。

家の中の古い道具や屋根裏も、どんどん見つけて

「ここ、登ってもいいですか?」 いいよ、でも、そーっとね、というと、

わーい!とどんどん登っていきます。

「これ、下に持って行ってもいいですか?」 と持ってきたのは

そろばん(古いので5玉です)や洗濯板やネズミ捕り機。

いいよ、というと下に持っていきます。

下に持っていきたいもののチョイスが面白いです。

下に持って行ってじっくり見たり、使ってみたり。

見ているこちらも面白かったです。

少し雨が上がったので外に出てみると、たまたま

オニヤンマが羽化して羽を伸ばしているのを発見。

IMGP9159.jpg

子ども達、じっくり見入っていました。虫が苦手、と言っていた子も

大丈夫だったみたい。他の子の背中に隠れながら見ていました。

通りがかった郵便配達の方にも、「オニヤンマがね、ここでね、」と

みんなで一生懸命話しかけていました。

(お仕事中にもかかわらず話に耳を傾けてくださった配達員さん、

本当にありがとうございます)

家の周りで四葉のクローバーを探したり、草花を摘んだり、

田んぼや畑ではしっぽがまだ残っている小さなカエルを

捕まえたり。 楽しかったね。

「ちょっと目をつぶってて」といって連れ出されたら、花束のプレゼント。

さっき摘んでいた草花で4人で作ったそうです。

IMGP9163.jpg

長い草の茎をちぎるのも、ハサミがなくても長靴で押さえてぽきっと

折ってたもんね。自由に活けてるのに、色合いがいいなぁ。

子どもたちの感性ってすごいなぁって思いましたよ。

 

また遊びに来てね!と送り出し、家に戻ったら

あー!靴を忘れていった子がいるぞー

うっかりしていました。気を付けてあげていたつもりですが、抜けていた。。。

ごめんねー!いろは堂の社長さんに預けて届けてもらうからねー!

 

長野市地域おこし協力隊(鬼無里) 木下 恵美子


ページトップ