長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

古民家で生きるために1

LINEで送る

2015年4月21日 | 活動内容:移住・交流 |

こんにちは!ご近所のおばちゃんたちからいただくお漬物が

おいしくて箸が止まらなくなる鬼無里担当No.3のきのっぴーです。

 

梅雨か!と思うぐらい、雨が続きましたね。洗濯物が乾かない。。。

土曜日は晴れて、鬼無里もいよいよ春めいてきました。

お隣の小川村は桜が咲きそろってきていましたが、

鬼無里はまだまだ。桜はまだでもいい眺めだったので

つい写真を撮りました。萩の峰地区から望んだ景色です。

IMGP8189.jpg

降り続く雨のせいか、私の住む西京地区ではつい最近崖が崩れました。

IMGP8192.jpg

白馬方面への道路をふさぐ大きな崖崩れ、

私の家の割とすぐ近くなのですが、

いつ崩れたのか音には全く気が付きませんでした。

幸い、怪我や家屋などへの被害はないようですし

迂回路もあって白馬方面へ行くことはできます。

去年の奥裾花自然園開園直前の崖崩れには辟易したので、

今年こそは大丈夫でありますように!と冷や汗ものです。

 

ご近所のおじいちゃんやおばあちゃんから、野沢菜をいただきました。

↓おひたしにして半分以上食べてしまった残りです。あわてて撮りました。

IMGP8193.jpg

何故あわてて撮ったかというと、いただいたときは

この時期に野沢菜があるのは珍しい、ということに

気づいていなかったのです。

野沢菜をいただいた翌日、松代地区の知り合いの方が

たまたま鬼無里支所に立ち寄られまして、

「この時期に野沢菜があるとは、鬼無里はすごいねぇ」

と教えてくださいました。

松代の方では、もう花が咲いてしまっているんだそうです。

貴重なものをいただいたんですね、ありがたい!

 

他にも、長ネギやキャベツやダイコンをいただきまして。。。

ダイコンがこの時期になぜあるか、冬を越すために

土の中に埋めて保存しておくんだそうです。

ダイコンは半分はお味噌汁の具に、残りの半分は

買っておいたニンジンもあることだし、いい長ネギも頂いたし、

この間作り方を教えてもらった「だいこん引き」にしてみました

ダイコンとニンジンをピーラーなどでひたすら剥いて、

長ネギの細切りを加えて油で炒め、だしで味付けすれば出来上がり。

IMGP8194.jpg

↑ ロケットストーブに作ってもらった「かまど」というか

「オーブン」というか、で炊いてみました。

作り方が簡単なので私でもできるだいこん引きですが、

ニンジンの量が多すぎて、「だいこん引き」というより

にんじん引き」になってしまいました。ほぼオレンジ色

味は、、、大丈夫!私にとっては十分おいしい。

お料理すると常に何かしら失敗しますが、小さいことは気にしない!

味付けがいまいちでも、野菜自体の味がいいのでカバーしてくれます。

よかった、野菜がおいしいところへ来て。

 

長野市地域おこし協力隊(鬼無里) 木下 恵美子


ページトップ