長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

【超限定!】大岡産原料使用のオリジナルビール!の巻【準備編】

LINEで送る

2014年11月27日 | 活動内容:その他 |


こんにちは。
断れない性格なだけなのに、いつのまにか地域内で酒好きキャラになっている大岡地区担当・飯島です。


10月末のある日―

「大岡産の原材料を(一部)使ってビールを作ろう!!」

大岡地区にある山村留学大岡ひじり学園保護者有志のみなさんが、こんなステキすぎるプロジェクトを発足させました。

大岡に湧く豊富な湧水と、地産の小麦。
これで作ったビールが美味くないわけがなかろうよ!

とってもおもしろそうなので、私も同行させていただきました。

車から降りたら茨城でした

やってきたのは、那珂市の木内酒造さん。

DSC_0231.jpg

日本酒やビールの製造・販売を中心に行っている酒蔵さんですが、
こちらの手作りビール工房では、誰でもオリジナルビール作り体験ができるのです!!


中に入ると―

DSC_0239.jpg
(・・・なんですかこのワクワクしちゃう空間はっ!)

スタッフの方の案内で、さっそく作業開始!

まずは、テイスティングで作るビールの種類を決めます。

DSC_0233.jpg
(手前から、スウィートスタウト、アンバーエール、ペールエール、ホワイトエール)

どれも独特の美味しさがあり、とっても迷います。
参加者一同、非常に悩みながら真面目に何度も試飲を繰り返し、ああでもないこうでもないと意見を戦わせました。
(あくまでもテイスティングです!きっとそうです!)

本来ビールには大麦を用いますが、今回は持ち込んだ小麦を一部に使用するため、自動的にホワイトエールに決定。
(そこ!「結局飲んだだけじゃん」とか言わない!)

 

次に麦を計量し、破砕機で砕きます。

DSC_0234.jpg
(大岡の小麦のほかに2種類をブレンド)

 

そして、ビールには欠かせないホップ。
多くの種類の中から、香り付け用1種、苦味付け用1種を決めます。

DSC_0240.jpg

香りを嗅ぎながら選んでいくのですが、
3種類目くらいから違いがわからなくなっちゃった(笑)ので
ほかの皆さんのご意見に乗っかりました。

ほかにコリアンダー、オレンジピール、ナツメグの3種類スパイスを量って準備完了!

続きは後編で♪
いよいよ仕込み!そして完成!?

ページトップ